△▼△

宇宙。自己満備忘録、脳内アウトプット

ラジオラジオラジオ!/加藤千恵

この世界で起きていることの一パーセントも、わたしは拾えていないのかもしれない。

009

 

人生も十代も青春もあっというまに過ぎ去ってしまうらしいけれど、三十分番組の収録は意外と長い。自分たちの言葉で真っ白な時間を埋めていくのだ。

016

 

このままがいい、ではなく、このままでいい、と。

024

 

自分たちは水槽の中にいて、あらゆることは水槽の外で起きている、という感覚。外のことは目にしているし、時に心配もするけど、どうしても実際の温度とかそう言ったものは感じられず、かなり大きな事件でも、自分とは関係ないという気がしてしまう。

024

 

わたしはこんなにも一人で、それでもこの箱は世界中につながっている。

029

 

かすみ草だってバラだって花にくくられるのと同じ。

035

 

‪明日には忘れてしまいそうなものばかり学んでいる。明日の自分に必要かどうかもわからない。‬

039

 

‪世の中には、偶然って言葉で片付けるにしては無理のある出来事が多い。縁や運命なんて言葉がふさわしいのかもしれないけれど、内心、まだ足りない。‬

053

 

大人になるのはなつかしむ時間を増やすことかもしれない‬

061

 

紫の息を吐く魔物にでもなった気分だけど、色はついていない。

095

 

ー『青と赤の物語』

何かを知ることで何かが失われることがあるのを、誰に教わったわけでもなくても、二人はわかっていました‬。

161

 

‪今抱えている気持ちを、正しい重さで伝える言葉なんて、自分は知らないような気がしました。‬

165

 

二人は、青と赤になりました。‪

本当は別の呼び名でもよかったのです。黒と白。リンゴとレモン。太陽と雲。犬と猫。なんでも。大切なのは、お互いがそれを認識できて、本当の名前とは無縁であることでした。‬

167

 

‪悪いことは数えやすくても、いいことというのは数えにくいものなのです。‬

188

 

行間の表現が本当にすき。

 

 

ラジオラジオラジオ!

ラジオラジオラジオ!

 

 



 

宇宙のみなしご/森絵都

時代は刻々と流れてるんだよ
ー008

 

「おい、大事な問題だぞ」
『でも、わたしの問題だし』
ー013

 

‪やはり大切なのは基本なのだ。‬
ー0‪29‬

 

「いつもはただの中学生で、じつにただの中学生なのよ」
ー040

 

‪縁起をかついで傘を持ってこなかったから、ぬれて帰るのは覚悟のうえだった。‬
‪昇降口にごった返す生徒たちは、みんな色とりどりの傘を手にしている。枯れ木に花を咲かせるように、グレーの空に向けて傘を広げる。‬
‪どうしてわたしだけ傘がないんだろう。‬
‪そうか、縁起をかついでもってこなかったんだ、と思った。‬
‪ー44.45‬

 

‪頭の中で十一匹の白熊がエアロビクスを始めそうになり、わたしは慌ててテレビのボリュームをあげた。‬
ー0‪52‬

 

宮殿のお姫さまがジャングルに足を踏みいれるようなものだ。
しかし、姫はきたのである。
ー053

 

ほっぺがときめきのピンク色だ。

ー064

 

息までピンクに色づいて見える。
ー064

 

ひさしぶりに頭のなかで十八匹のマウンテンゴリラが二組にわかれて綱引きでもはじめそうだ。
ー067

 

ぞうきんだって自分の役目ぐらい、いまの段階で把握しているはずなのに。
ー068

 

‪数学の方程式にとりくみながらも、七瀬さんはときおりちらちらと腕時計に目をむける。その横顔はまるでシンデレラだ。‬
ー0‪70‬

 

‪見つかったらただの犯罪者で、それなりの覚悟がいるわりに、やっていること自体は徹底的にくだらない。‬
‪そのかわり、わたしたちはその夜を手にいれる。‬
ー0‪74‬

 

‪午前一時十五分。‬
‪草木も眠るうしみつどき。こんな時間帯には絶対にあいたくないやつと、しかもロミオとジュリエットみたいな状態で、わたしは対面するはめになった。‬
ー0‪77‬

 

‪まるでトンボにむかってエンゲル係数の説明でもしている感じだった。‬
ー0‪80‬

 

‪センチメンタルな面もち。‬
‪ー090‬

 

‪大人もいろいろと大変そうだ。‬
‪屋根のことで苦労しているうちが花かもしれない。‬
ー0‪93‬

 

‪地面にめりこんでマグマをつきぬけブラジルまで落っこちていきこうなくらい、重い。‬
ー0‪96‬

 

‪楽しくなければ遊びじゃない。‬
ー‪100‬

 

‪「だいじょうぶ。大切なのは季節じゃなくて笑顔だよ。どうどうと笑いながらいうの」‬
ー‪101‬

 

‪二十四色の絵の具のうち、黒だけをすり減らしていくような毎日。‬
ー‪125‬

 

‪「大人も子供もだれだって、いちばんしんどいときは、ひとりで切りぬけるしかないんだ、って」‬
‪ー202‬

 

‪「ぼくたちはみんな宇宙のみなしごだから。ばらばらに生まれてばらばらに死んでいくみなしごだから。自分の力できらきら輝いてないと、宇宙の暗闇にのみこまれて消えちゃうんだよ、って」‬
‪ー202‬

 

優しくて綺麗な言葉の羅列。

綺麗は儚くて美しい。

中二は永遠に強い。

 

 

宇宙のみなしご

宇宙のみなしご

 

 

クオート༜随時更新

私は余白や行間を書きたいんだな

第133回:加藤千恵さんその5「短歌への思い、小説への挑戦」 - 作家の読書道 | WEB本の雑誌

タイトルなんかない

みんなが好きすぎてもうどうにかなってしまいそうだ

 

ありがとう、ありがとう、次いでありがとう。

 

と、いつもおもっている。

 

とはいえまあ、好きにはいろいろあるし、

だから別の意味でいちばん大好きなひとにはなかなか会えないよね。

 

でもこれだからこそ日々精進しちゃうね。

もっとがんばれ、わたし。

無力

 

自分は何もできない存在だと毎日きちんと確認していたかった。

スペシャル対談 vol.5 夢を現実にするために(前編)朝井リョウ×高橋愛 / 朝日新聞×マイナビ転職 キボウノアシタ

 

自分にできることだけして、それしかしない人間になってしまうのが嫌だった。

朝井リョウ×高橋愛スペシャル対談「夢を現実にするために」(後編)マイナビ転職/キボウノアシタ

 

一文一文の迫力がすごい。本当の意味で偉大。

朝井リョウは一文で何かをこみ上げさせるチカラがあって、その度に泣いてしまう。

これは、イントロの1秒に惹かれてしまう感覚とも似ている。

 

どうしようもなく、無力だ。

おとなとは。

気がつけば 解熱剤 2錠を 服用

悪いことしてる 気分にもなりつつ

少女は卒業しない - 朝井リョウ

初回。

誰のためでもなく、いつ何を読んだかを記録したいという程度です。

 

わたしはラジオを聴くのが好きで、よく聴く。

もともと好きだった加藤千恵さんがラジオを始めるということで、朝井リョウ加藤千恵オールナイトニッポン0を聴き始めた。

そこで、朝井リョウという人はめちゃめちゃ面白いな…とずーーーっと思ってから好きではあったのですが、今日、初めて。やっと彼の作品を読んでみた。

 

少女は卒業しない (集英社文庫)
 

 

わたし、小説を読むの苦手だと思いこみ続けていて、だけど、帰宅後、即読みはじめ、読破です、読破。

 

普段は新書とかハウツー本を読むことが多いので、もっと小説も読んでいきたいと思えたことも嬉しい。

 

じつは、あと2冊別の作家さんの本も借りてきたので、それも追って読んでいこうと思っている。楽しみ!

 

内容はわざわざ羅列しないけれど、

いちいち表現が繊細で、儚くて。

朝井リョウ」の創り出す世界へと簡単に連れ出してくれた。

 

情景を思い浮かべながら読むのもすごく楽しくなるような。でも、切なくなったりとかして。ノンストップ感情移入でね、涙が止まらなかったの笑

 

最初から最後までずっと、主人公やその情景に想いを馳せて。何度か文字が読めなくなったりして、迷惑なファンを体現(笑)

でも、またそれもそれでよかった。

 

あと、別に特別聴き込んでいる曲ではないのだけど、読んでいる最中に、どうしようもなく、おいしくるメロンパンのシュガーサーフが聴きたくなったりもした。

『涙は海の味』とか『帰る場所もないね』とか。

わたしの気持ちにぴったりだったみたい。

 

iTunesのリンクを下に貼りにげしますね

シュガーサーフ

シュガーサーフ

  • おいしくるメロンパン
  • ロック
  • ¥250